悲鳴が上がっていると言うが

日記 悲鳴が上がっていると言うが はコメントを受け付けていません。

高速バスを利用をしている人がいる中でビジネスなど利用をしている人がいる。
しかし、学校にバス停が出来て飛んでもない所がある。

それが宮城県の県境にある大学があるのですが今、利用している人が多いと言う。
特に仙台市から通学してくる学生が多くこの時期には講義などあると利用する人が多い。

特に講義が1限にあると始発からだと余裕で座れると言うがこの時には満員となるので立って乗る人もいると言う。
これは宮城県から通学する学生が多くなって高速バスを利用する人が多いらしい。

ここは共同でバスを運行をしているのですが山形県から通学している人には災難だと思う所もある。
それは路線がない事で路線バスやスクールバスで乗る必要があると言う。

しかし、大学側もこの様な危機がある事で混雑する時間帯には臨時のバスも出したと言う。
これでも効果はなかった事で嘆願書を出したと言うが会社側は増便がない。

そのはず赤字路線になる事もある事もある思っている事なので増やさないと言う。
このまま大変だと思っている所もある。

学生の中には免許を取得して大学まで運転をする学生もいると言う。
この様な影響でバスは増便はしないと思っている所がある。

この様に過疎化のバスの増便はしない事があるので今の現状だと思っているのです。

これからどう打開策をするのか大学も悩ませる事になると思われている。
委託でも構わないと私には思っているかも知れないのです。

ルプルプ 楽天

Author

Back to Top